2010年05月16日

よもやまゲェム語 第10回「なんと10回目!今回はノーテーマ。満を持して?新コーナーもスタート!告知もあります。」

よもやまゲェム語 第10回「なんと10回目!今回はノーテーマ。満を持して?新コーナーもスタート!告知もあります。」
ArtWork

聞いてくださっている皆様に支えられて、第10回到達です。
いつも聞いていただいて、ありがとうございます!
今後も、通学通勤の時間にクスリとしていただけるよう、よもやまと語って参ります。

そんな第10回。
歴史コーナーから何故か働くという事、そしてテレビについて・・・
よもやまに語っております。

前回の反動でしょうか?
そうとうグダグダと語っております。

告知コーナーでお伝えしておりますイベントの詳細はこちら!
http://kokucheese.com/event/index/2595/

<お知らせ>
よもやまゲェム語では、皆様からのお便りお待ちしております。
下記、twitterIDへのリプライ、もしくはDM、メールアドレスへのメール、本ブログへのコメントでお便りいただければと思います。

・twitterID: http://twitter.com/ymymgame
・メールアドレス: ymym.game@gmail.com

現在募集しているテーマはこちらです!
@ サッカーについて
  (日本代表への想い/Jリーグへの想い/
   サッカー南アフリカワールドカップへの展望)
A 歴史コーナー宛の語って欲しい歴史上の人物、事件、建造物など
  (架空の人物とかでも構いません。)
B その他/ご意見・ご感想・ご質問
  (こんなテーマを取り上げて欲しいといったご要望もお待ちしております。)

よろしくお願いします!

星の在り処 Guitar Ver./空の軌跡FC&SCスーパーアレンジバージョン/Copyright© Nihon Falcom Corporation
コンバット・シーン/MIDI ピアノソーサリアンフォーエバー/Copyright© Nihon Falcom Corporatio
【関連する記事】
posted by よもやまゲェム語 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Podcast配信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。頭が猛烈に痛い中、狂ったように笑いながら投稿しているmihitoraです。ひゃひゃひゃ!

先日サッカー日本代表のワールドカップメンバー23人が発表されましたね。
僕としては非常に残念な選出結果となりました。んー…僕は田中達也か石川直宏どちらかは必要だったんじゃないかなーと思うんです。
ワールドカップでは確実に日本は圧倒的に攻められます。そして攻撃はカウンターのみに限定させられてしまうでしょう。その時にボールを持って敵陣に切り込める選手。ディフェンスの裏に飛び出せるような選手が欲しかったですね。でも岡田さんは田中達也、石川直宏の位置に大久保義人、松井大輔を選びました。多分これは守りも意識しての選出ですね。岡田さんは元々DF出身なんでDFの重要さは確かによく知ってると思いますし、点を取られなければ負けないという理屈は分かります。でも今回の選出メンバーを見ると、初めから守りを意識しているようにしか見えないのです。でもエトーとかロッペンとか、守ろうとして守れる相手じゃないですからね。僕はむしろ「1点もやらないぞ!」という意識よりも、「取られたら取り返す!」というアグレッシブな意識の方が大切じゃないかなー。と思いました。

今回のメンバー発表について、是非お二人のご意見も聞いてみたいです!ひいきの選手は選出されましたか?

それでは今から第10回聴きたいと思います。(←まだ聞いてなかったのか!) 失礼します!
Posted by mihitora at 2010年05月16日 22:51
はじめまして、ペヤング乾と申します。いつも楽しく拝聴しております。さて、次回のお第がサッカー話だと聞いて飛んで参りました(笑)
Jリーグについてもコメントをしたいところですが、今回は日本代表について話をしたいと思います。

岡田監督の人選には正直落胆させられた感はありましたね。mihitoraさんが感じておられる事とほぼ同じような感覚を自分も覚えました。この人選はリアクションをかなり意識したものだと思います。相手に持たれる時間が長くなる事を想定した上で、いかに走れて体を張れて綻びを作ること無くプレスができるかどうか。その視点を最重要に考えた人選だと。確かに局面の1対1の能力や個々の技術力を相対的に見ると、日本がこの3カ国相手にポゼッションで勝ると想定するのは考えにくいですし、冷静に予測すればリアクションの時間が多くなる可能性が高い訳で、イタリア的な機動力あるファイターを並べる方法が勝利への近道だとは思います。
ただ、それにしても攻めのカードが薄いのではないかと。先発ではなくとも田中達也や石川直のような、カウンター時や間延びするゲーム後半にサイドや中央から裏をとったり、ドリブルで可能性を見いだせる選手を入れて欲しかったです。そこは心底感じている部分ではあります。

ただ、選ばれし23人は私たちの代表。熱いサッカー少年達から中年達(笑)の想いを背負った日本のサッカーの頂点!
是非力を出しきって、できれば勝って欲しい。
勝てなかったとしても魂を見せて欲しい。
まぁ云々言ってますが、今はもうただただ頑張って欲しいという気持ちしかありません!
全身全霊で応援するつもりです。

ちなみに、私の優勝予想はブラジルです。ベタですがw
スペインとアルゼンチンも確率は高いかなと思います。ラテンのサッカーがこよなく好きですね。
特にセレステイブランコ!リケルメの勇姿が見たかった・・

初投稿にも関わらず長々書きなぐってしまいまして申し訳ありません。
それではこのあたりで失礼いたします。
最後にお二方の御武運?をお祈りしております。
では!
Posted by peyangu_inui at 2010年05月21日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。